カテゴリ: 日記

先週T先生の発表会で一緒に演奏した生徒さんからお手紙を頂きました。

普段レッスンに通う生徒さんは他の楽器と合奏する事は少ないです。

T先生は生徒さんに色々な体験をしてもらいたいとの思いから

毎回発表会で色々な試みをされています。

今度はいつ一緒に演奏できるかな? 楽しみです。

IMG_2888
お手紙ありがとう😊




痛めた手を診てもらうために

ターくんのお父さんから紹介頂いた先生を訪ね日赤病院へ行ったところ

診察室の前である夫婦が診察の順番を待っていました。

ドイツパンのマイスター、ウーリー夫妻。

なんとウーリーさんも私と同じ症状で来られたとの事。

U:「君もか!バイオリン弾いているからか?」

U:「私は歳をとったということだよ」

「ええっおいくつなんですか?」

U:「74だよ…」

パン職人、バイオリン弾き共に手を酷使する職業

ウーリーさんは今日二回目の診察で注射するか
手術するか相談するそうです。

IMG_2883
とりあえず私は注射をしてもらい来月また経過を診て頂きます。

時間の経過とともに手の痛みは消えました。喜

薬の効きは約3か月、完治する場合もあるとか…

このまま治らないかなぁ…


先日受診したばかりの歯医者さん。

食べた物が固かったのか今度は前歯の歯茎が腫れあがってしまいました。

週末忙しかったので月曜日の予約にしたところ

腫れもひいて行かなくても良いかなぁと思いましたが

予約していたので受診する事にしました。

「何か硬いモノでも食べましたか?傷がついてちょっと腫れていますね。」

衛生士さんの話で大した事はない様子だったので

ホッと一安心しましたが先生は

「うーん、レントゲン撮ってみましょう。」

なんだか嫌な予感が…

「少しウミも溜まっているようなので出しときましょう。」

「切開❣️」

また腫れている所への麻酔が!

ギャ〜〜〜

なんでこーなるの!
IMG_2826



 

パリで日本人初の三ツ星シェフに輝いた小林 圭さんの特集をテレビで見ました。

長野県出身で高校を中退しシェフの修行の為東京でフランスレストランへ飛び込み

その後フランスへ渡り南フランスの三ツ星レストランへまたまた飛び込みで働き

休みも色々な農家などをまわり知識を蓄えられたとの事。

努力というよりは本当に好きな事だから

休みの時にも料理の事が頭から離れなかったのでしょう。

これからは予想もつかない変化を遂げていく社会

21世紀の子供達にも早く人生をかけられる事を見つけてもらいたいですね。

IMG_2825



ある遺伝子学の先生の記事を読んだところ

医療の発展で人の平均寿命は伸びていますが

医療の手を借りなくて人が生きられる期間はずっと短く

おおよそ50年ではないかと

確かに50歳のあたりから老眼は進み、身体の変調を感じます。

ガンは身体の細胞のコピーエラー。

年齢が若い時にはコピーエラーでできたガン細胞を免疫力で排除できますが

加齢ととともに免疫力が落ちガン細胞が身体に広がり死に至ると

私の身体も50年から2年過ぎたのか……。


IMG_2829
これからは補修しながらの人生ですか?



↑このページのトップヘ